舌側矯正のメリットとデメリット

メリット デメリット

裏側から歯列矯正をおこなう舌側矯正の一般的なメリットとデメリットについてのページです。

舌側矯正のメリット

1.装置が見えない、歯列矯正に気づかれにくい

舌側から矯正をおこなういちばんの目的であり特徴です。表側の装置だとどうしても気になる方や、お仕事の都合で不可能な方に適した治療方法です。

2.見た目の気になる歯の表側をキズにしない、虫歯にしない

審美上最も気になる歯の表側には、矯正装置を接着しません。そのため、歯列矯正のせいで表側の歯の表面をいためることも、また装置周囲の歯みがき不足から目立つ歯の表側を虫歯にすることがありません。

3.歯の裏側の方が虫歯のリスクが低い

表側でも裏側でも、歯みがきが重要なのはいうまでもありませんが、歯の裏側は表に比べて唾液が豊富なため自浄作用がつよく、同じ装置装着をした場合により虫歯になりにくい部位と考えられています。

4.前歯を下げる治療が得意

裏側から装置をつけた方が、前歯を後退させる治療に向いています。そのため抜歯が必要な出っ歯の治療などでは裏側からの治療が有利です。逆に下あごの奥歯を前方に移動するよう動きは苦手なので、インプラント矯正などの工夫が必要な場合もあります。不正咬合の種類や状態によっては、舌側矯正の方が治療期間が短い場合もあります。

デメリット

1.表側の装置と比べて舌に違和感を感じる場合がある

舌が接触する歯の内側に矯正装置をつけるため、表側よりも違和感を感じる場合があります。人により感じ方は様々ですが、舌の位置の習慣が悪く、低位舌や舌突出癖などの癖のある患者さんはとくに違和感を感じることが多いようです。この機会に正しい位置に舌を習慣づけることで違和感も減少し、歯列矯正終了後の歯ならびの安定もしやすくなります。

2.治療の当初、奥歯で噛みにくい場合がある

上の歯の裏側には下の歯が噛み込むため、噛みあわせの深い患者様では装置装着直後どうしても噛みにくくなることがあります。治療の進行に伴い1〜2ヶ月ぐらいで噛めるようになるので心配ありませんが、装置装着直後はご不便をおかけする場合があります。

3.治療の当初に発音しにくい場合がある

治療の進行と慣れにより和らぐので心配ありませんが、装着直後は噛みにくかったり発音しにくい場合があります。

4.表側の歯列矯正と比較して費用が高い

舌側矯正は表側の矯正よりさらに特殊な技術であること、装置が特殊で高価なこと、形状の設計や位置決めに特殊な手順が必要なこと、また表側の矯正治療と比べて歯の裏側は処置がしにくいので、ワイヤー交換など毎回の処置にかかる時間が長いことなどが理由としてあげられます。

上に戻る

[インコグニート・オーダーメイドで舌側矯正装置を作るメリット]は次のページへ

インコグニートやその他矯正治療全般のお問い合わせはこちらから