Incognito(インコグニート)とは?

ひとりずつオーダーメイドでブラケットとワイヤーをつくる
舌側矯正の治療システムです。

一般的な舌側ブラケットとIncognitoの比較左が一般的な舌側矯正のブラケット、右がIncognitoの横断面のイメージ図です。歯の裏側は表側と比較して形が複雑なため、一般的な表側の矯正装置と比較して、舌側(裏側)の矯正装置は複雑な形状になりがちです。そのため患者さんの違和感もつよく、矯正治療の難易度も高くなります。
インコグニートを使用した舌側矯正では、最終的な歯ならびにあわせて、専門のテクニシャンがコンピュータ上で、それぞれの患者様に最も適した形状の矯正装置を設計します。設計から一貫して自動的に装置が製作されるため、とても精度の高い矯正装置をそれぞれの患者様にあわせて最適な設計でつくることが可能なのです。

患者さん自身が実感できる最大のメリットは、歯の裏側に接着した矯正装置全体の厚さが薄く、従来の舌側矯正と比べて違和感が少ないことです。また、歯の裏面を広く覆って接着するため、装置の脱落も少なく、虫歯にもなりにくい構造になっています。

インコグニートを採用するおもな理由

  • 患者さんごとに装置をオーダーメイドするので、歯ならびにあわせてできるだけ矯正装置を薄くできます。そのため、違和感の少ない舌側からの歯列矯正ができます。
  • 複雑な形状のアーチワイヤーも歯ならびにあわせて製作されるので、効率のよい歯列矯正が可能です。ブラケットを薄くするのにも役立っています。
  • ブラケットを接着する面積が大きいので、治療期間中の装置の脱離が減少しました。また、歯の裏側を広く覆うので、治療中の虫歯のリスクも減少します。

わたしたち矯正医に有利な点がIncognitoにはまだまだあります。治療する側に有利=正確で確実な治療をおこないやすい矯正装置、と考えています。

[Incognito(インコグニート)で始める舌側矯正のながれ]は次のページへ

インコグニートやその他矯正治療全般のお問い合わせはこちらから