インコグニート(インコグニト)とその他の矯正装置

表側の色々な装置ともくらべてみてください。

表側のブラケットにも様々なタイプがあります。色々な矯正装置を見比べて、ご自分のニーズにいちばん適した矯正装置の選択に役立つよう願っています。

incognito装着写真1

表紙にも掲載した口腔内写真、治療開始時の写真です。抜歯したスペースが目立たないように抜歯部分の表側にダミーを装着しています。

incognito装着写真2

別の症例です。極端にでこぼこが強かったので、舌側矯正装置を装着する前に、別の装置で大まかに八重歯を後ろに移動してからIncognitoを装着しました。

invisalign装着写真

Invisalignの装着状態です。歯の表面についている突起は、確実に歯を動かすためのアタッチメントで、治療終了後には撤去します。

セラミックブラケット装着写真当院が表側からの矯正治療で、標準的に使用している装置です。セラミック製の白色ブラケットでセルフライゲーションでの歯列矯正をおこなっています。

透明サファイアブラケット装着写真装置の透明度を重視した人工サファイア製のブラケットです。透明度が非常に高く、ワイヤーがまだ細い段階で、しかも白いものを使用しているため装置があまり目立ちません。成人の方に人気があります。


樹脂製ハイブリッドブラケット装着写真樹脂系のブラケットです。矯正治療に充分さ固さと同時に、歯よりも柔らかい素材なので、万が一長期間ブラケットと歯が噛み合ってしまっても歯を痛めないのが長所です。当院では手術の前後で咬合位が大きく変化する外科矯正で主に使用しています。

矯正用ワイヤーの色の比較

当院では表側の歯列矯正でもできるだけ白いワイヤーを使用していますが、本来の矯正用アーチワイヤーは写真のような金属色が普通です。同じ金属色のワイヤーでも、少しでも目立ちにくいように、肌の色に近いイエローゴールドやピンクがかったゴールドなどいくつかの種類があります。

上に戻る HOME

舌側矯正やIncognitoに関するQ&Aへ

インコグニートやその他矯正治療全般のお問い合わせはこちらから